DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

しっくい施工

自然のぬくもりと優しさが伝わってくる土壁は、室内の湿気をゆるやかに調整し、快適な空間を作ってくれます。ビニール壁紙やコンクリートの下地にも直接使えるものを使用。塗料タイプなので、初心者でも簡単にトライできます。

素材

漆喰(しっくい)とは

漆喰とは、消石灰にのり、スサ(きざんだ麻など)を混ぜて水で練り合わせたものです。防火性、耐久性が高いのが特徴で、古くは蔵、塀、城、家屋など、外装・内装に使われていました。調湿効果も高く、高温多湿な日本の気候風土に合った建材です。

また、近年問題になっているシックハウス対策にも有効で、漆喰は、空気中の浮遊する有機溶剤を内部に吸着し、中和させます。健康的で環境に優しい自然素材なのです。

昔ながらの漆喰は、接着力が弱く乾燥後にひびが入りやすいなど、扱いにくい素材でもあり、DIYでは施工が難しくもありました。また、下地がビニール素材だと、上から施工することができませんでした。

しかし、こういった短所を解消した商品も多数開発され、DIYでも手軽に施工できるようになりました。

水性しっくい風かべ塗料
自然のぬくもりが伝わるしっくい壁は、和風にも洋風にも調和します。珪藻土を含んでいるので、湿気をゆるやかに調節し、ビニールの壁紙にも直接塗れます。透湿性があり、防カビ剤配合なので、カビの発生を防ぎます。
水性つやなし保護クリヤー
しっくい風かべ塗料を塗って、乾燥させてから塗る保護剤です。紫外線吸収剤配合なので、色あせするのを防ぎ耐候性が向上します。防カビ剤配合なので、カビの発生を防ぎます。
水性下塗りシーラー
上塗り塗料の下地との密着性および耐久性を向上させる下地調整材です。上塗り塗料の吸い込みを防ぎ、優れたシール効果を発揮します。
しっくい
出来上がりの美しさが特徴です。従来のしっくいに比べ接着性に富み、施工が簡単です。しっくい用ボンドと混ぜて使うとより塗りやすくなります。
しっくい用ボンド
仕上がりが美しく、接着強度も向上します。ひびわれしにくく、一度に厚塗りできるので、作業効率もあがります。
しっくいパテ
下地のワレ、凹凸、スキ間の補修に。そのまま使えるペースト状なので、作業性がよく、しっくい塗りを上手に仕上げるための下地調整として使用して下さい。

しっくい風かべ塗料の塗り方

【用意するもの】
[A] ハケ  [B] ローラー  [C] 砂骨ローラー  [D] コテ  [E] 養生シート  [F] マスカー  [G] マスキングテープ
1. 床や窓まわりなどは、養生シートで保護します。マスキングテープと養生シートが合体したコロナマスカーが便利です。
2. 壁や窓枠、電気のスイッチプレートなどはマスキングテープでカバーします。この養生作業がきれいな仕上がりを決めるポイントです。
3. 壁の汚れをふき取ってから、塗料の吸着性と耐久性を高めるシーラー(下地剤)を塗ります。全体をまんべんなく塗ったら2時間ほど放置します。
4. しっくい風塗料は中で沈殿し、分離していることがあります。袋を開ける前にはよくもみほぐし、中身を混ぜ合わせておきます。
5. 缶に入れた塗料を、直接ローラーに含ませます。ただし、含ませすぎると作業中に垂れてくるので、適度に量を調整してください。
6. ローラーを下から上へ転がすようにして塗っていきます。下地の凹凸が見えないように、2度塗りした方がいいでしょう。1度塗りの後、約2時間放置して2度塗りします。
7. 2度塗りをしたら、コテなどを使って模様付けします。塗料が乾いてしまうと模様付けができなくなるので、少しずつ塗料を塗っては模様付けの作業を繰り返します。
8. マスキングテープをはがします。乾いてからはがすと、周囲の塗料を一緒にはがしてしまうので、完全に乾く前に作業を終えましょう。

参考

いろんな道具で模様をつけようコテ以外でも多彩な模様が楽しめます。どの模様で壁面を飾りますか?

フラットな仕上りに加え軽く抑えるとランダムな模様が浮かび上がります。
軽く弧を描くようにすると、虹のような模様になります。
壁面を軽くたたくようにすると、スポンジの穴模様が楽しめます。
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。