DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

ロールスクリーンの設置

ロールスクリーンは1枚の布地をロールパイプで巻き上げる仕組みになっており、上下の開閉を自由に調節できます。スクリーン巻上げ時はコンパクトに収まり、降ろせばすっきりとお部屋を広く見せます。

窓辺以外にも、お部屋の間仕切りや収納棚・収納ボックスなどの目隠しとしても活用でき、インテリア用品としての使用範囲の広さも魅力のひとつです。

操作のタイプ

プルコード式

スクリーンを下ろすときには、コードを持ってそのまま引き下げます。巻き上げるときにはコードを少し下に引き下げるとロックが外れ、スプリングの力でゆっくりと巻き上がっていきます。

指先だけで簡単に操作できる利点がありますが、コードがスクリーンと合わせて上下するので、床まで下げる事の多い場所や高い位置への取り付けには注意しましょう。

チェーン式

ボールチェーンがローラーパイプについており、そのチェーンを引いてスクリーンを昇降させる仕組みです。

掃き出し窓や高い位置の窓の取付けに向いています。床まで下ろす場合もかがむ必要がなく、高所に取り付ける場合もチェーンを長くして操作できます。

ロールスクリーンの特徴

ブラインドのようにすっきりとコンパクトでありながら、カーテンのようなファブリックの持つ風合いやあたたかみがあります。

ロー ルスクリーンの布地の種類は豊富です。プレーン、プリント、折柄、遮光、シースルー、グ ラスファイバーなど多数あり、機能も防炎、ウォッシャブル、水拭き、消臭、抗菌、UVカットなど充実しています。また、布地が古くなったり色柄を変えたい ときは、生地だけを交換することもできます。お部屋のイメージチェンジも手軽にできますね。

シースルー
遮光

サイズの測り方

窓枠内に取り付ける場合(天井付け)

幅・高さとも窓枠の内側から1cm程度差し引いてください。

窓枠の外側に取り付ける場合(正面付け)

幅・高さとも窓枠の外側寸法以上を製品サイズとしてください。

取付け方

1. 取付け用ブラケットの取付け

本体フレームの端の位置から40~60mm内側に、取付けブラケットをビスで固定してください。
※幅が1510mm以上の場合は、中央部にも取付けブラケットを付けます。両サイドのブラケットと一直線になるように取付けてください。
天井付け
正面付け

2. 製品の取付け

フレームを両手で持ち、取付けブラケットの手前のツメにフレームを引っかけてください。天井付けはフレームの手前から、正面付けはフレームの下から引っかけてください。

フレームをブラケットのツメに引っかけた状態で、左右のバランスを見て位置を決めてください。

天井付け
正面付け

3. ロールスクリーンの固定

フレームを矢印の方向にもっていき、「カチッ」と音がするまで押し上げてください。

すべての取付けブラケットに確実に固定されていることを確認してください。

天井付け
正面付け

取付け例

光の模様を映し出すデザインカット
浴室に
ブラインドと合わせて
すだれ風スクリーン

ローマンシェード

チェーンなどの操作によって布を上下に開閉させるのはロールスクリーンと同じですが、布はカー テン生地を使い、たくし上がるような仕組みになっているのが「ローマンシェード」です。ロールスクリーンのシンプルさと、カーテンのもつやさしさやエレガ ントさも兼ね備えています。

布を昇降させるためのコードや、コードが巻き取られるドラムなどの昇降装置が必要となります。

プレーンシェード

シェードを引き下げたときにヒダやギャザーのないプレーン(平面)な状態になるという最もシンプルなスタイルです。引き上げると一定のヒダを作りながら自然にたたみ上がるようになっています。

シャープシェード

フラットな布面の生地裏面に、バーが横方向に取り付けられているため、シャープにたたみ上がるという特徴があります。たたみ上げの際に生じるたたみシワが発生しません。シェードを下ろしたとき、バーが横のラインを作りアクセントにもなります。

バルーンスタイル

シェードを下げたときはカーテンのようですが、少し引き上げると裾にふんわりとふくらみができるものをバルーンシェードといいます。下部にフリルを付けたりと表情が大変豊かなのが特徴です。
資料協力:立川機工株式会社 立川ブラインド工業株式会社 トーソー株式会社
 
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。