DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

網戸の張替え

外が暖かくなってくると、窓を開けて開放的になりたいですね。網戸は、窓からの虫の侵入を防ぎ、自然の風をお部屋に通します。網戸も長年使っていると、破れたりたるんだりしてきます。暑い夏が来る前に、古くなった網戸を張替えてみませんか?

材料と道具

素材は主にポリプロピレンやポリエステルなどの化繊です。防虫を強化してより細かいメッシュの製品も出 てきています。また、丈夫なアルミ製やグラスファイバー製のものもあります。色はグレーが最も一般的ですが、外の景色はスッキリ見えるのに外から室内は見 えにくい、表が銀、室内が黒というような網もあります。

サイズは、幅91cmの半間のものが一般的です。長さは、張り替える網戸より20~30cmほどプラスして用意します。

網押えゴム

網戸に網を固定するゴム製ひも。太さが数種類あるので、張替え前と同じ太さのものを用意しましょう。長さは網1枚あたり実寸よりも20㎝くらい多めに用意します。購入する際は、古いゴムを少し切って持参するとよいでしょう。

ローラー

網押さえゴムを網戸の溝に押し込むときに使う道具です。シングルローラータイプとツインローラータイプがあります。ツインタイプは、太いゴムにも細いゴムにも対応します。

ツバの部分を綱側にして張ると、強くピンと張れます。通常は綱を手でひっぱりながらツバを外側にして張ります。ツバの向きで張りかげんを調整することができます。

ツインローラー

(幅の異なるローラーが2つついています)

メガローラー
ローラー部分
網を特にピンと張りたい場合は、ツバの向きを内側(網を張る側)にしますが、通常は網を手で引っ張りながらツバの向きを外側にして張ります。この方が適度な張り具合になります。ツバの向きで張りかげんをうまく調整しましょう。

張り方の手順

用意するもの

網、網押さえゴム、ローラー、千枚通し、カッター、ハサミ、クリップ

1. 古くなった網をはがす

まずは押さえゴムからはずします。押さえゴムの端を千枚通しやキリなどでひっかけて、後は引き上げながらはずします。

押さえゴムを全てはずしたら、網を取り除きます。

2. ホコリをとる

枠のホコリや汚れをぞうきんで拭き取ります。特に溝の部分は、ブラシやハケを使ってていねいにホコリやゴミを取り除きましょう。

3. 網戸のゆがみを確認する

下に合板を敷いて網戸の直角をを確認し、ゆがみがないかチェックします。ゆがみがあると、網にたるみができたりするので注意しましょう。

4. 網をのせる

網の端はほつれないように耳になっていて、上部と片側の網の耳を、網戸の枠に合わせます。網戸の半分ずつ張っていくので、網は真ん中の枠まで広げて、あとは巻いたままにしておきます。巻きぐせがついている方を下側にします。

5. クリップで留める

網がずれないように、網の耳と枠をそろえた部分をクリップで留めておきます。

参考網押さえゴムのはめ込む順序

押さえゴムは、隣り合った2辺の長さ+10cm位長めのものを2本作っておきます。

どの場所から固定しなければならないという決まりはありませんが、①~④の順番のように、対辺を固定していくと、ずれにくく、きれいに仕上がります。

6. 1の枠にゴムをはめ込む

クリップで留めた方の反対側の枠からローラーを使ってゴムをはめ込んで行きます。ローラーの逆側のヘラの部分を使って、ゴムの端を溝に押し込みます。
ローラーを転がしながらはめ込んでいくとき、押さえる力がムラになると曲がったり波打ちます。もしひどく曲がったときは、押さえゴムをはずしてやり直しましょう。

7. 角を決め込む

角部分までゴムをはめたら、ローラーのヘラで角をしっかり決め込んで、残りのゴムはまだはめずに対辺の方を先に留めます。

8. 2の枠にゴムをはめ込む

クリップをはめた、対辺の方の枠にゴムをはめ込みます。先程と同じようにローラーを転がして固定し、角を決め込みます。網はたるみのないように、しかしピンと張り過ぎず、端に少々ふくらみがある位がちょうどいいでしょう。

先程同様、角まではめたら、ローラーのヘラで角を決め込みましょう。

9. 3,4の枠にゴムをはめ込む

同様にローラーを転がして、残りの溝に押さえゴムをはめ込んでいきます。

10. ゴムをはさみで切る

ゴムを全て溝にはめ込んだら、余分な長さのゴムを切り取ります。

11. 網に切り込みを入れる

網戸の角に沿って、網に切り込みを入れます。

12. 余分な網を切り取る

カッターをねかせて、手前に動かしながら切っていきます。この切り方だと、あやまってゴムを切ったり、枠を傷つけたりすることもありません。

13. 網のほつれを取り除く

ゴムでしっかり留まっているので、内側がほつれてくることはありませんが、見た目を良くするため、外側のほつれた網をはさみで切って取ります。
残りの半分側も同様に網を張り、網戸の張替えの完成です。
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。