DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

ふすまの貼り替え その2

アイロン貼りタイプの貼り方

アイロン貼りタイプには、全面貼りと、周囲だけ接着させる袋貼りがあります。全面貼りは水を使わず単純作業なので手軽にできますが、本ぶすまなど下地に凹凸があると、表に出やすいという短所があります。

袋貼りは中心は接着させないので、下地の凹凸を拾いにくくふっくらきれいに仕上がります。袋貼りはふすま紙全面を均一に水でぬらすのがコツです。

アイロン貼り(袋貼り)タイプの貼り方

用意するもの

ふすま紙、アイロン、霧吹き、タオル、引き手用鋲抜き、金づち、マスキングテープ、

地ベラ(もしくは定規)、竹べら、カッターナイフ、はさみ

アイロンふすま紙

(周囲貼り)
マスキングテープ
地ベラ
竹べら

1. 引き手金具をはずす

引き手金具は上下に短いクギが打ってあります。引き手とふすまの間に鋲抜きやマイナスドライバーを差し込んで、引き手を1~2cmおこします。引き手金具をもとに戻すと、クギの頭が出てきますので、クギを鋲抜きで抜きます。

2. 破れの補修

ふすま紙が破れている場合は、大穴補修紙を穴より大きめに切り、スポンジで水をつけてから紙の周囲だけにのりを付けて穴を覆うように貼ります。乾くときれいに仕上がります。詳しくは後述の「穴の補修」をご覧ください。

3. 枠にマスキング

ふすまの枠にふすま紙がつかないように、また、枠の塗装がアイロンの熱で変色することを防ぐために、マスキングテープを枠全体に貼ります。アイロンが直接当たりやすい枠の内側部分もマスキングしましょう。

4. ふすま紙のカット

ふすま紙をふすまの上に水平に置き、柄があれば下側に位置を決め、本体よりやや大きめ(四方1cm程度)に紙をカットします。

位置の合わせ方は、上下、左右それぞれ片側を2cmずつ残し、もう一方をふすまの端にカッ ターを当ててカットします。ふすまの重みで紙のずれも少なく、四辺ではなく二辺分だけ切ればいいので、手際よくカットできる方法です。また、カットの際に 机や床を傷つけないようにベニヤ板を敷いておくと良いでしょう。

5. アイロンを準備する

アイロンの底が、汚れていたりキズが付いていないかを確認し、アイロンの温度を中温にセットして下さい。(汚れないように必要に応じて薄い布を当てて下さい。)
 
※アイロンのスチームは使用しないで下さい。

6. 霧吹きをして紙を伸ばす

ふすま紙の表全面にムラなく霧吹きして紙を十分に伸ばします。乾いたタオルで表面水滴を軽くふきとり、2~3分間放置します。霧吹きにムラがあったり霧吹きしてすぐに貼るとシワが消えないことがありますので注意して下さい。水の量はおおよそ40~70cc位です。
※雨の日などの湿気の多い時は水の量を70ccにし、放置時間は5分にします。

7. 空気を逃がしシワを取る

放置後、タオルで水分を軽く拭き取りながら、中に入った空気を逃がして平らにしシワを取ります。さらに2~3分放置します。

8. 位置を決めて接着

表面が乾かないうちに、枠に沿ってアイロンの幅だけ1周1分程度の速度で接着させます。このときアイロンは軽く、早く、すべらせるように移動して下さい。強く押さえるとシワの原因にもなりますのでさけて下さい。
 
※コーナーはゆるやかに丸く曲がってください。

9. 仕上げの接着-1

四隅の角はハサミで切り込みを入れておきます。

枠に沿って竹ベラで押さえつけ、すじをつけていきます。仕上げの接着とカッティングの目印になります。

仕上げの接着-2

表面が乾かないうちに、接着したところを1周3~4分位の速度でアイロンを軽く押さえながらゆっくり移動させます。特にコーナー部分は十分に圧着します。

枠の内側の、端の部分は、アイロンの角を使って丁寧に当てましょう。また、中央部は湿っていてボコボコしていても、絶対にアイロンを当てないで下さい。乾くとタルミやシワは自然に消えます。

11. 余分な紙のカット

余分なふすま紙は枠の内側にそって地ベラや定規をあて、良く切れるカッターナイフを少しねかせ気味にして切りとり、ふすま紙の端を地ベラで押し込んで下さ い。押し込んだところをもう一度アイロンの角で押さえて下さい。カットする時、下の紙を切らないようカッターの刃を少し木枠の方に向けるようにして下さ い。

12. 引き手金具を取り付けて出来上がり

引き手穴をさがし、切り込みを入れ金具を取り付けます。(引き手の取付け方は、再湿のりタイプの貼り方 「18.引き手をつける」を参照して下さい。) 古い金具はサイズ(底径)を確認の上、新しいものと取り替えると一段ときれいに仕上がります。

最後にマスキングテープをはがします。

参考アイロンふすま紙のはがし方

アイロンで熱を加えるとのりが戻るので、ふすま紙が熱いうちにのりが戻ったところの紙を持ち上げていくと下地を傷めずにはがせます。

アイロン貼り(全面貼り)タイプの貼り方

水ものりも使いません。板ぶすまに最適ですが、本ぶすまも枠をはずさずに貼ることができます。アイロンはスチームアイロンを高温にして使いましょう。
用意するもの
ふすま紙、スチームアイロン、引き手用鋲抜き、金づち、マスキングテープ、 地ベラ(もしくは定規)、竹べら、カッターナイフ、はさみ

アイロンふすま紙

(全面貼り)

1. 引き手金具をはずす

引き手金具は上下に短いクギが打ってあります。引き手とふすまの間に鋲抜きやマイナスドライバーを差し込んで、引き手を1~2cmおこします。引き手金具をもとに戻すと、クギの頭が出てきますので、クギを鋲抜きで抜きます。

2. 枠にふすま用マスキングテープを貼る

ふすまの枠にふすま紙がつかないように、また、枠の塗装がアイロンの熱で変色することを防ぐために、マスキングテープを枠全体に貼ります。アイロンが直接当たりやすい枠の内側部分もマスキングしましょう。

3. ふすま紙のカット

ふすま紙をふすまの上に水平に置き、柄があれば下側に位置を決め、本体よりやや大きめ(四方1cm程度)に紙をカットします。

位置の合わせ方は、上下、左右それぞれ片側を2cmずつ残し、もう一方をふすまの端にカッ ターを当ててカットします。ふすまの重みで紙のずれも少なく、四辺ではなく二辺分だけ切ればいいので、手際よくカットできる方法です。また、カットの際に 机や床を傷つけないようにベニヤ板を敷いておくと良いでしょう。

4. 全体にアイロンをかける

ふすま紙をふすまの上に広げます。アイロンを高温スチームにし、図の①・②・③の順で中央から十字にアイロンを当てます。

熱でのりが良く溶けるように、アイロンはゆっくり動かしてください。(目安は約90cmの長さを約10秒くらいで動かします。)
 
次に、残りの四分割された表面を順番にアイロンをかけていきます。(Aがかけ終わったらBというように。)アイロンをかける方向は、中心部分から外側に向ってかけるようにします。 アイロンを動かすとき逆向きや横向きにはしないでください。向きを変える際にはアイロンを一度持ち上げましょう。

5. ふすまの周囲を決め込む

ふすまの周囲にアイロンをあてた後、図のようにアイロンのへりを使ってふすまの周囲をきめ込みます。

6. 仕上げの接着-1

四隅に切り込みを入れ、枠に沿って竹ベラで押さえつけ、すじをつけていきます。仕上げの接着とカッティングの目印になります。

7. 仕上げの接着-2

仕上げにもう一度アイロンをかけます。アイロンの先の丸みを使ってていねいにかけるのがコツです。

8. 余分なふすま紙のカット

ふすまの枠に地ベラや定規を当て、余分な紙をカッターで切ります。このとき、カッターの刃を枠に向けて、少しねかせ気味にします。ふすま紙の端を地ベラで 押し込み、押し込んだところをもう一度アイロンの角で押さえて下さい。下地のふすま紙を切らないように、注意しながら切りましょう。

9. 引き手をつける

引き手部分にカッターナイフで切り込みを入れて、引き手をはめ込みます。クギ締めを使って打ち込むと良いでしょう。(再湿のりタイプの貼り方 「18.引き手をつける」参照。)最後にマスキングテープをはがします。
 

※発砲スチロールふすまに穴が開いている場合は、アイロンの熱で発砲スチロールがとけることがあります。穴の補修をしてから作業しましょう。

※ビニールふすま紙や特殊加工されたふすま紙が貼られていたふすまを貼り替える場合は、そのふすま紙だけをはがしてから作業して下さい。

※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。