DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

ふすまの貼り替え その3

シールタイプの貼り方

水やのりを使わず、裏紙をはがして今貼ってある前のふすま紙の上にそのまま貼るだけなので、初心者でも気軽に取り組めます。穴が開いていたり、破れている場合は必ず貼り替え前に補修しましょう。

用意するもの

ふすま紙、引き手、引き手用鋲抜き、クギ締め、ゲンノウ、マスキングテープ、なでバケ、ローラー、竹べら、カッティングメジャー(または地ベラ)、カッター、はさみ
シールふすま紙

マスキングテープ、ローラー、カッティングメジャー、なでバケ、竹べら

(5点セット入り商品)

引き手

(新しく交換する場合)

1. マスキングテープを貼り番号をつける

ふすまの枠には、傷や汚れ防止のためマスキングテープを貼っておきます。また、元に戻すとき迷わないように鉛筆で番号を書き込んでおきます。

2. 引き手をはずす

引き手の上下のクギを鋲抜きでつまみ、引き抜きます。抜けないときは鋲抜きのヘラ部分を引き手とふすまのすきまに差し込み、浮かせてから抜くとよいでしょう。

3. ふすま紙のカット

ふすま紙をふすまの周囲1cmほど大きく切ります。位置の合わせ方は、ふすま紙の上にふすまを水平に置き、上下、左右それぞれ片側を2cmずつ残し、もう 一方をふすまの端にカッターを当ててカットします。ふすまの重みで紙のずれも少なく、四辺ではなく二辺分だけ切ればいいので、手際よくカットできる方法で す。また、カットの際に机や床を傷つけないようにベニヤ板を敷いておくと良いでしょう。

4. ふすま紙の仮留め

ふすま表面のほこりや汚れを取り除き、ふすま壁などに天地逆さに立てかけます。ふすま紙の柄の天地を確認して、地の方から裏紙を10cmほどはがして折り返し、ゆがみがないかを確認しながら、あらかじめつけておいた印に合わせて上の枠に軽く仮止めします。

5. ふすま紙を貼る

20cm位裏紙をはがし、なでバケを使って中央部分より左右へ、上から下へ空気を押し出すようにゆっくりと貼っていきます。きれいに貼れたらくり返し20cm位ずつ貼っていきましょう。

6. ふすま紙のカット

四隅は枠のコーナーに合わせて、三角にカットしておきます。枠周りは枠との境界線が浮かないように、しっかりなで付けましょう。そしてカッティングメジャーをあてて、枠の内側に沿ってカッターでカットしていきます。

7. 圧着させる

全体を貼り終えたら、ローラーでふすま紙を圧着します。とくに枠との境目は竹べらを使って押し込むようにしっかりと押えましょう。
全体を貼り終えたら、ローラーでふすま紙を圧着します。とくに枠との境目は竹べらを使って押し込むようにしっかりと押えましょう。

8. 引き手をつける

今回は、四角形の引き手に変えてつけてみました。引き手部分を手でなぞって輪郭を取り、カッターで切り込みを入れます。引き手をクギで留めるときに、クギ 締めを使ってゲンノウでクギを打ち込むときれいに打ち込めます。引き手の内側に傷がつかないようにカバーをするとより安心です。

応用和紙を使ってアレンジ

色和紙で好きな模様を作り、のりで貼ります。ちょっと穴があいてしまったときなどに、同じように和紙を貼るとおしゃれに補修できます。

参考-1

茶チリで下貼りする

ふすまを破くと、中からペラペラした茶色の紙が見えることがありますが、それが茶チリで、ふすまの下貼り用の薄い紙です。茶チリは周囲だけにのりをつけ、 全面にのりをつけないで貼る袋貼りが特徴です。茶チリを貼ってから再湿のりタイプのふすま紙を貼るのがDIYでは本格的なやり方です。
 
 
茶チリの下貼りの特徴

1.ふっくらと仕上がる

2.タバコのヤニがしみ出してこない

3.前の柄が透けるのを防ぐ

4.次に貼り替えるとき引手部分から簡単にはがせる

下貼りの仕方

茶チリは6枚でふすま1枚を貼ります。

まず、ふすま・障子用のりを濃いめに溶き、周囲だけに約5mmぐらいの幅にのりをつけます。(袋貼り)

のりをつけるとき、6枚を重ねて角に向かってくるくると巻き、元に戻すことを何回かして、2辺 にのりしろをつくります。この角を机の角などにぴったり合わせ、のりバケでのりをつけます。こうすると6枚1度に2辺ののりづけができます。あとの2辺は 逆にして1枚ずつつけていきます。これは効率よくのりをつける方法ですが、初めから茶チリ1枚ずつ周囲にのりづけしてもかまいません。

図の順番で貼っていきます。1、2を貼ったら逆さにして3、4を貼ります。多少のまがりやシワがあっても、下貼りなので大丈夫です。
ふすまの厚み部分には5mmぐらい折り曲げて貼ります。1枚張ったらその右に、図の順に貼っていきます。1、2を貼ったら逆さにして3、4を貼り、最後に5、6と貼ります。

参考-2

穴の補修ふすまをアイロンで貼りかえる場合も、本格的に貼り替える場合も、穴があいていたり破れている場合は、必ず補修をしましょう。

小さい穴

少しだけ破れているときは、のりで貼り合わせて元に戻します。

少し大きく破れているときは、古いハガキを破れ目に差し込んでからのりで貼り合わせます。
 
破れを貼り合わせたら、大穴補修紙をひとまわり大きく切り、スポンジで水をつけてから周囲にのりをつけ、小さい場合は全面破れの上になでバケでなでながら貼ります。
 
 
大きい穴
 
骨が見えているような破れは、ペラペラしている破れた紙を切り取り、大穴補修紙を穴より少し大きめに切り、霧吹きしておきます。骨と穴の周囲にのりをつけ、大穴補修紙を貼ります。乾いたら、大穴補修紙よりひとまわり大きく切った茶チリの周囲5mmにのりをつけて貼ります。
骨が折れた穴
 
折れている部分が元に戻せるところは、ゼリー状瞬間接着剤でつけて直します。折れて骨がなくなっているときは、割りばしや細工材を残っている骨に添わせ、ゼリー状瞬間接着剤でつけて、糸を巻いてしっかり固定します。

その際に、ふすまの厚さより出っ張らないようにしましょう。骨の修理ができたら、大きい穴と同じ要領で大穴補修紙と茶チリで下貼りしておきます。

参考-3

板ぶすまを張り替える場合

板ぶすまは枠をはずせないので、引手をはずしてから、そのまま上からふすま紙を貼ります。あとは手順は同じですが、貼る前に枠にノリがつかないように、枠全体にマスキングテープを貼りましょう。
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。