DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

混合栓の取替え

お使いの混合栓が古くなったり、汚れたり、またはツーバルブタイプで使い勝手がいまいち・・・という場合は、シングルレバー混合栓に取り替えてみません か?使いやすいレバータイプだから、日々の家事の能率もグンっとアップ。とりわけ水まわりのDIYは難しいと思われがちですが、しっかりと手順さえ守れば 作業は意外とスムーズ。毎日使う水栓だからこそ、思い切って取り替えて、快適生活を始めてみませんか?

混合栓の種類

混合栓の種類は「ツーバルブ」「シングルレバー」「サーモスタット」の3種類。旧式の「ツーバルブ」は、ハンドルでの水量の調節や、湯と水の別々の調節が面倒でした。

レバーを上下左右に自在に動かすことで水量も水温も調節できる「シングルレバー」は、使いやすくて大変便利です。ワンタッチで止水できるため節水効果も期待できます。「サーモスタット」は温度設定ができ、一般的に浴室の混合栓に使われているタイプです。

ツーバルブ

お湯側と水側のそれぞれのハンドルで水量を調節して使う、旧来型の蛇口。

シングルレバー

左右のハンドルで湯温を調節する必要がなく、レバーひとつで温度調節・吐止水が可能です。

シングルレバーの取り付け方

壁付きタイプ

台付きタイプ

台付きワンホールタイプ

(湯水の配水管がひとつにまとまったタイプで、左右に分かれているものに比べ、水まわりをすっきりとみせてくれます。)

壁付きタイプの取替え

用意するもの

シールテープ
水栓スパナ

水栓プライヤー

(ウォーターポンププライヤー)

準備と確認

作業をはじめる前に、元栓をしめます。ちゃんと水が止まっているかどうかチェックしてから取り替えましょう。
止水栓ボックス
(マンション・中高層住宅など)
キー式 ・ ハンドル式
1. 本体と偏心管の間のナットをレンチで少しずつ右に回して、偏心管から本体を取り外します。水道管自体の老朽化も考えられるので、取り外しは力任せに行わないようにしてください。
2. 本体を取り外したら、偏心管を左右ともゆっくり左に回しながら取り外しましょう。 偏心管を外した後、水道管にサビなどの汚れが付いていたら、古いハブラシなどを使って取り除いておきます。
3. 新しい水栓の偏心管に付属部分を通し、ネジ部にシールテープを時計まわり4~7回くらい巻いていきます。
4. 先に、偏心管を水道管に取り付けます。その後に本体と偏心管の間にパッキンが入っていることを確認し、左右のナットを少しずつ締めて固定します。固定したら、元栓を開けて水もれがないかチェックしておきましょう。
※一度右回しで締めこんだ偏心管を左に戻すと、シールテープが切れて水漏れの原因になるので注意しましょう。

台付きタイプの取替え

用意するもの

立水栓ナット締付工具
水栓スパナ

水栓プライヤー

(ウォーターポンププライアー)

準備と確認

作業をはじめる前に、シンク下などにある止水栓をしめ、水が止まっているかどうかチェックしておきましょう。
1. 本体とその下に伸びている連結管との間のナットをレンチで右に回して緩めます。
2. 次に本体のネジ部とナットとの間にはさんであった付属部品(パッキン類)を取り外します。
3. 既存の水栓を引き抜きます。新しい水栓のネジ部にシールテープを6回ほど巻き付けてから取り付けを。
4. 2と逆の手順で新しい付属部品を本体のネジ部に通し、ナットで固定。止水栓を開けます。

台付きワンホールタイプの取替え

準備と確認

作業を始める前に、シンクや洗面台下の止水栓を締め、水が止まっているかどうかをチェックしましょう。
1. 吸水管をはずします。
2. 古い本体をはずし、新しい本体を取り付けます。
3. 吸水管を接続します。

混合栓 さまざまなデザイン

壁付き、台付き、ワンホールタイプのそれぞれに、デザインも洗練されたいろいろな種類の混合栓があります。

シングルレバー<壁付きタイプ>

シングルレバー<台付き ワンホールタイプ>

シングルレバー<台付きタイプ>

先端がハンドスプレーになっているタイプも
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。