DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

トイレの水栓の補修

トイレは毎日使うもの。故障しては大変です。トイレの水がとまらない、など、突然のトラブルが発生してもあわてずに、まずどこに原因があるのかチェックしましょう。部品の老化が原因かもしれません。

部品はDIYでも簡単に交換できます。自宅のトイレがどのような仕組みになっているのか日ごろから確認しておきましょう。

ロータンクのしくみ

レバーによって排水弁から水が出ていくと、浮き玉が下がり給水される仕組みになっています。一定の水面まで水がたまると浮き玉も上がり、ボールタップの弁が閉じて給水が止まります。

水の流れるしくみ

1. レバーをまわすとゴムフロートが浮き上がり、水が便器に流れます。
2. ロータンク内の水位が下がるとともに浮き玉が下がり、ボールタップの弁が開いて給水が始まります。
3. 水位が下がると、ゴムフロートが下に落ち、便器への排水が止まります。
4. タンク内の水が増えるにつれて浮き玉が上昇します。
5. 浮き玉が最初の位置に戻ると、ボールタップの弁が閉じ、給水が止まります。

トラブル発生時の対処方

トイレの水が止まらない、もしくは流れてこない・・・そんな場合にはここをチェックしましょう。

弁パッキンの交換

1. まず、ボールタップごとタンクからはずします。

[1] 給水管袋ナットをはずします。

[2] ロックナットをはずします。

[3] ボールタップを取りはずします。
2. 弁体を取り出し、弁パッキンを交換します。

[1] ビスをはずします。

[2] 弁体を取り出します。

[3] 弁パッキンを交換します。
 

ゴムフロートの交換

1. レバーからくさりをはずします。

2. ゴムフロートをはずし、交換します。
※取替後レバーを「小」にしたときに、5~10mmあくようにして下さい。

修理の前に準備すること

1. アングル止水栓を閉める

2. タンク内の水を抜く

3. ふたを開けて連結ホースを外し、ふたを取る。

 

トイレまわりのパーツは店内に各種ご用意しています。

(便器・タンクの種類により交換する部品の型が異なります。事前に確認してからご購入下さい。)
ボールタップ
ゴムフロート
弁体
弁パッキン
※写真に使用している商品の中には、現在ドイトでお取扱いのない商品もございます。