DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

手すりの取り付け その1

高齢化社会に伴い、高齢者の家庭内での事故が増えてきています。家庭内事故件数は交通事故件数より多いという統計もあります。住宅内事故の起きやすい場所は、段差や敷居のある、階段や玄関、廊下などが最も多くなっています。 DIYで階段や廊下に手すりを取付け、お年寄りや子供にやさしいバリアフリー住宅に改善してみませんか。

取り付ける位置

安全面や使いやすさを考慮して、取り付ける位置には基準が定められています。事前に寸法をきちんと計っておくことが大切です。また、取り付け時に注意するのが壁の強度です。石膏ボードなどの中空壁の場合は、間柱のある位置等の確認が必要です。

取り付け位置

A=60mm以内

B=直径35mm丸棒の場合900mm以内

   直径32mm丸棒の場合600mm以内

 

A・・・丸棒の先端から手すり金具まで

    (ジョイント金具から手すり金具までの長さも同様)

B・・・手すり金具の取り付ける間隔

取り付ける高さ

標準750mmですが、一番使われる方の身体に合わせて設置するのが望ましい高さです。その場合、腰の大腿骨付け根の大転子骨(だいてんしこつ)の高さが最適な高さです。

手すりと金具の寸法

太さ35mmの丸棒を使用した場合、空き寸法は37.5mmで設定しています。この場合、壁面から丸棒の中心までの出幅は55mmとなります。
中空構造の壁
石膏ボードなどの中空壁は柱の位置を確認してすべてのネジが留まるように取付けます。柱と柱の間隔は455ミリ(333ミリの場合もあります)
柱の探し方
「ピン式下地探し機」、「センサー式下地探し機」などを使って柱の位置を捜し、ブラケットの取付け位置を決めます。

手すり丸棒・手すり金具

ストレート丸棒

ぬくもり32(直径32mm)

ぬくもり35(直径35mm)

Wディンプル丸棒表面に凹凸の付いた、にぎりやすいタイプです。

ぬくもり32(直径32mm)
ぬくもり35(直径35mm)

手すり金具

(左から)壁受、直受
(左から)直ジョイント、角度ジョイント
(左から)壁受けエンド、エンドベース、
(左から)L型キャップ、ぬくもり キャップ
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。