DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

段差の安全対策

住居内に段差があると、つまずきや転倒の元となり危険です。車いすでの移動もスムーズにしてくれる段差プレートを取り付ければ安心です。

また、階段には手すりを付けるだけでなく、クッション性のあるすべり止めを取り付けておけば、万が一の事故のときも被害を最小限にくい止めることができます。

事故の発生を軽減するには、段差のある場所に安全対策を施すことが非常に有効といえます。

廊下と部屋の段差

廊下と部屋、あるいは部屋と部屋の間の段差は、階段や玄関のような大きな段差より、かえってうっかりつまずいてしまうことも多いのです。

住居内の小さな段差にはスロープを設置し、ドアや扉を開ける際には、身体支え用の手すりを設置しておけば安心です。

段差スロープ

段差自在スロープ
1.2~3.4cmの段差に細かく対応する、高さ調節機能付きの段差スロープ。表面の蓄光シールが段差の存在を知らせてくれます。
段差自在スロープ段ないす
自在な高さ調節が可能です。高さ調整レールを段差に合わせて高さを決めます。
段差スロープEVA
強度も高く環境にやさしいEVA素材を使用し、簡単な施工で設置できます。設置場所に合わせて、カッターナイフで簡単にカットして幅と高さの微調整ができます。 側面からのつまづきを防ぐ端末形状です。

扉の横の手すり

扉の開閉の際には、体の重心が移動しバランスを崩しやすいので、体の不自由なお年寄りには難しい動作です。扉の横に手すりを取り付けておけば、体も安定し、動作もスムーズになります。

手すりを握る高さは、床から1200mm前後の高さが一般的です。

玄関用の台座

玄関の上がり框の高さが高い場合には、式台を置くと昇降がラクになります。玄関の大きさや段差の高さなどに合わせて、使いやすいものを選びましょう。
取り付け例1
取り付け例2
取り付け例3
取り付け例4

階段すべり止め

すべりやすい階段には、すべり止めを取り付けるのが有効です。事故防止はもちろんですが、万が一転倒したときでも、中空クッション付きなので、被害を最小限にしてくれます。

階段すべり防止材 スベラーズ

ほどよいクッション性があり、消灯、停電時に光る蓄光ラインが安全性を高めます。裏側の粘着面を階段に直接貼り付けるだけの簡単取り付けです。
各色 14本入
取り付け例

足元灯をつける

夜間は足元を明るく照らし、段差や階段の幅をわかりやすくしておくことも、安全に歩行するための重要なポイントです。夜間だけでなく、日中も含め足元が影で暗くならないように、照明や窓からの採光などで明かりを確保しておきましょう。
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。