DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

レンガの敷き方

素朴でナチュラル感あふれるレンガ。敷き方次第で多彩なデザインが作れます。

また種類も豊富で、庭の雰囲気に合うレンガが選べます。アプローチやテラスなどを自分の手で楽しく変身させてみませんか。

レンガの代表的な並べ方

ジャックオンジャック
ランニングボンド
バスケットウィーブ
ヘリンボーン
ピンホイール
ホウレッド

施工方法

砂ぎめ工法(サンドクッション工法)
下地に砂のみを敷き、その上にレンガを並べていく方法です。これならやり直しもできるので、簡単にトライできます。目地は砂目地(施工後、目地に砂を入れる)ですが、目地を設けずレンガをぴったりと敷いていく、目地なしが初心者におすすめです。
1)地固め・砂地作り
仕上がりが地面よりやや高めになるように地面を掘り下げ、よく突き固めます。次に雑草防止シートを敷き、砕石を6~10cmの厚さに敷きならしてしっかりと固めます。
その上に砂を厚さ2~3cm程度まいて平らにならし、砕石が見えなくなるようにします。
2)水糸を張る
砂をよく踏み固めた後、実際に敷くレンガを使い仕上がりの高さを決め、四隅に立てた木片などの杭に結びつけて、水糸を張ります。その際にピンと張れるように杭はしっかり固定します。
3)地面を平らにする
下地を平らにならします。広い面は細長い板を使って砂をかき取り平らにします。低い部分には砂を入れ、平らになるまでならします。この時、砂を湿らせておくと作業がしやすいでしょう。
4)レンガを敷く
デザインパターンに従い、端から順にレンガとレンガの間に隙間が出ないようにぴったりと敷き込みます。砂の上に乗らないように注意しましょう。
5)ゴムハンマーで落ち着かせる
ゴムハンマーでレンガに軽くショックを与え落ち着かせます。ある程度並べたら水平器を使って水平を確認します。レンガが飛び出しているところは当て木をし、ゴムハンマーでたたいて揃えます。
6)隙間にけい砂を入れる
レンガとレンガの隙間部分に乾いたけい砂をブラシで詰め、周囲の土を埋め戻して完成です。後々、砂が沈んでしまったところはレンガを抜き取り、砂を補充しましょう。
ドライモルタル工法
砕石の上に、1対2または1対3の割合でセメントと砂を混ぜて、施工する場所に敷き、平らにならした後、レンガを敷いていく方法。水を使わないので何度もやり直しができます。
ドライモルタルの作り方
セメントと砂を1対2または1対3の割合で混ぜます。
セメントと砂をよく混ぜ合わせます。
1)地面を掘り下げたら砕石を敷いてタンパーなどで十分に突き固める。
2)セメントと砂を1:2または1:3の割合で混ぜたドライモルタルを敷いて、角材やコテで平らにならし、レンガの下地にします。
3)端に土をもってモルタルが逃げないようにしたら、レンガを敷いていき、タンパーなどでたたいて固定します。
※タンパーの場合レンガの素材によっては傷つける場合があるので、ゴムハンマーを用意すると良いでしょう。
4)レンガの上からドライモルタルをまき、デッキブラシですき間に入れ込んでいきます。
5)全面に水をまき目地固めをしてから、端をコテでならしたら完成です。
ウエットモルタル工法
砕石の上に、1対2または1対3の割合でセメントと砂を混ぜて、水で練ったモルタルを使って、レンガを敷いていく方法。
ウェットモルタルの作り方
セメントと砂の配合比率はセメント1:砂3を目安に。水を入れる前に、よく空練りしておきます。
水を加えて、左官グワを使ってお味噌くらいの固さになるまでよく練り合わせます。モルタルは、作業の進行に合わせてそのつど作るようにします。
1)レンガはあらかじめ水に浸しておきます。乾燥したものをそのまま使うよりも、モルタルとのなじみがよくなり、接着力もアップします。
2)モルタル適量をレンガゴテですくって、レンガの下地に敷き、中塗りゴテで平らにならします。モルタルを扱うときはゴム手袋を着用しましょう。
3)レンガとレンガのすき間など、中塗りゴテでは扱いにくい狭い場所には平目地ゴテが活躍します。すき間の奥までモルタルが入り込むように埋めます。
4)レンガの表面についたモルタルは乾かないうちに、水を含んだスポンジタワシなどで早めに拭き取っておきます。
5)ゴムハンマーでレンガ同士とレンガの高さを調節します。鉄製のものだとレンガが割れてしまうので、ゴム製がベストです。
6)けい砂を敷いて左官ブラシでならしましょう。目地ならしから掃除まで便利な左官ブラシ。柄なしタイプは直接手で持つので、レンガのすき間にけい砂を入れるときなどの細かい作業もしやすく重宝です。

レンガのカット

レンガを敷き始めると、規格サイズでは収まらず、半端なサイズのレンガが必要になってくる場合が出てきます。ディスクグラインダーでレンガをカットすれば、スペースに合ったサイズのレンガを用意できます。
グラインダー(石切り丸ノコ)は両手でしっかり持ち、レンガを片足で抑え、まずレンガの4面に約10mmの溝をつけてから手前に引くようにして切れ目を入れます。
ディスクグラインダー(石切り丸ノコ)で切れ目を入れたあと、がたつきのない安定した場所に置きます。(下に枕木や砂袋などを敷くと良いでしょう。)レンガの溝にタガネをあてて、重めのハンマーで叩けば簡単に割ることができます。タガネの先端を溝に垂直に食い込ませるのがきれいにカットするポイントです。
※タガネがない時は、溝を2cmほど深く入れ、レンガにハンマーなどで軽く衝撃を与えれば、うまく切断できるでしょう。

参考ディスクグラインダーの扱い方

レンガの加工には、替え刃をダイヤモンドホイールに交換して使う。専用のレンチでしっかりと固定する。
ディスクの周囲半分を覆うホイールカバーを手前に傾けることで、飛び散る粉塵をカバーする効果があります。
ディスクグラインダーを使う時は火花が飛ぶので、必ず保護メガネを着用しましょう。
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。