DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

用土の基礎知識

人がご飯だけでは栄養失調になるように、植物も水だけでは成育に必要な栄養素が摂取できません。人が肉や野菜、フルーツなどで栄養補給するように、植物の元気な成育のためにも適切な栄養を補給してあげてください。

基本は葉・実(花)・根の成育促進

NPKが必須三大要素

植物には通常、三大要素といわれる窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)が必要になります。

窒素は葉肥といわれ、葉や茎を育てる肥料。リン酸は実肥といわれ、花や実を付ける肥料。

そしてカリウムは根肥といわれ、根や茎を丈夫にします。

  役割 備考
窒素(N)
タンパク質を作り、葉緑素の元になる肥料で、植物の成育初期に葉や茎を育てるための必要不可欠な肥料成分。
窒素が不足すると、葉が黄色く変色し、落ちてしまいます。茎の伸びが悪くなり、成育の障害になる。
リン酸(P) 植物の細胞質の成分になり、花や実の成長を促進させる。 リン酸が不足すると、全体に脆弱な植物になる。
カリウム(K) 植物全体の成育を調整し、根や茎を丈夫にする。また、花や実、球根などを太らせる働きもある。 カリウムが不足すると、植物全体の抵抗力が低下し、害虫の被害に合いやすくなる。
ポイントはバランス

三大要素以外にも、植物の成育にはカルシウムやマグネシウムが必要です。

カルシウムは土壌改良剤(用土編を参照)の石灰に多く含まれており、植物の細胞と細胞をつなぎ合わせる働きがあります。マグネシウムは葉緑素の講成要素として必要な養分で苦土石灰に含まれています。三大要素とカルシウム、マグネシウムのバランスを考え、補給するようにしてください。

肥料の分類

肥料の分類方法は原料別、効能別、用途別とさまざまな形で紹介されていますが、目的はひとつ。美しい花やたわわな実を楽しむために、植物の健康を維持管理することです。自分で覚えやすい分類方法で種類と用途を覚えてください。
原料別分類
 
有機質肥料
 
植物や動物の死骸、排泄物などを原料にした肥料です。

施肥後、土中の微生物が肥料を分解した後に植物が吸収するため、速効性はありません。しかし、人が漢方薬を摂取するのと同様に、ゆっくりと長く効き、地力を維持できます。

また、補給しすぎても肥料やけしにくいのが特徴。悪臭がしたり、虫が発生することもありますが、最近では悪臭のない無臭肥料が登場しています。
 

種類 特徴 用途 備考
油粕 窒素(N)を多く含んだ肥料 いろいろな植物の元肥や置肥などに利用 発酵と未発酵があり。コンテナ栽培の場合、発酵済の油粕を利用。
魚粉 窒素(N)とリン酸(P)を含んだ肥料 実のなる野菜や果樹に利用 有機肥料の中では早く効く。
骨粉 リン酸(P)を多く含んだ肥料 いろいろな植物の元肥に利用 花をたわわに咲かせるには必要不可欠な肥料。
鶏フン リン酸(P)を多く含む肥料 花壇や庭木などの元肥や追肥などに利用 有臭と無臭があり、臭いが強いため、畑以外では無臭を利用。
牛フン 土壌改良効果が大きい 用土に混ぜ、土壌改良に利用 肥料分はあまり含まれていない。
草木灰 カリウム(K)を多く含んだ肥料 球根や根葉類の元肥や追肥に利用 即効性でアルカリ性。
無機質肥料
 
化学肥料といわれるのが無機質肥料。

単一肥料と複合肥料がありますが、科学的に合成されたものだから成分量が高く、速効性もあります。

また臭いもなく、扱いやすいのが特徴。ただし、補給しすぎると肥料やけを起こすので、慣れないと扱いにくい肥料です。
 
種類 特徴 用途 備考
単一肥料 硫安 速効性 追肥向き 窒素(N)のみを含む
尿素
過燐酸石灰 元肥、追肥 リン酸(P)のみを含む
ようりん 遅効性 元肥 溶成リン酸肥のことでリン酸(P)のみを含みアルカリ性
硫酸加里 速効性 元肥、追肥 カリウム(K)のみを含む
複合肥料 速効性化成肥料 速効性 追肥及び栽培期間の短い野菜の元肥 葉や根に触れると肥料やけを起こすので、使う時は注意
緩効性化成肥料 緩効性 元肥や置肥 効果が長く続く
液体肥料 速効性 追肥 液状にして施します
葉面散布肥料 速効性 根が弱っているときや植え替えた直後に利用 葉の気孔から呼吸される肥料エードビタスプレーなど
配合肥料 速効性があり、長続きする 元肥や追肥 牛フン、堆肥など
特殊肥料 肥料成分は少ないが土壌改良効果が大きい 元肥
石灰質肥料 土壌改良効果が大きい 土壌改良効果が大きい 消石灰、カルシウムを多く含む苦土石灰、カルシウム、マグネシウムを含む
効能別分類
 
効能別に分類すると3タイプあり、即効性、緩効性、そして遅効性に分けられます。化成肥料の多くは即効性か緩効性、有機肥料の多くは遅効性になります。
 
種類 特徴 用途 備考
速効性肥料 施肥後、すぐに現れるが長続きしない 追肥 化成肥料
ハイポネックス原液
アルゴフラッシュ
緩効性肥料

施肥後から効果が現れ、ゆっくり長く効く

元肥や置肥 マグアンプK
ガーデニングエードボール
配合肥料
遅効性肥料

施肥後しばらくたってから効果が現れ、ゆっくり長く効く

油粕、骨粉など
用途別分類

植物の成長に合わせて最適な肥料を分類すると7種類になります。植物の成長を考え、最適な時期に最適な量を施肥してください。
 
種類 選び方 使い方
元肥 効果が、長続きする肥料が最適 苗の植え付けに施肥
寒肥 速効性のものが最適 地植えの庭木、果樹等の休眠期に施肥
追肥
置肥 緩効性のものが最適 植物の成育期間中に肥料分を補う
お礼肥 速効性のものが最適 主に鉢植えの植物に使用。土の上に置いたり、浅く埋めて施肥
玉肥 カリウム分が多い
即効性のものが最適
樹勢を回復させるため開花後や果実の収穫後に施肥
芽だし肥 速効性のものが最適 春先に発芽を促すために施肥

肥料の上手な使い方

いろいろな種類があるので、使い方に迷いがちですが、使う場所、時期、植物によって違います。また、有機肥料でも化学肥料でも、肥料の与えすぎに注意しましょう。よく注意事項を読んで、施肥するようにしてください。
 
  元肥 追肥 その他の留意点
草花ハーブ類 緩効性のもの
マグアンプK
ガーデニングエードボール
配合肥料など
月に1~2回、薄めの液肥(速効性のもの)を与える。
・ハイポネックス 原液微粉
・花工場原液
冬季でも花が咲いているものには追肥する。ハーブ類には冬季は与えなくてよい。
球根類多年草 多年草には草花と同様に与える。ただし休眠期には与えない。 球根類は花が終わったら、お礼肥(速効性のあるもの)を与える。化成肥料、液肥など
鉢花観葉植物 植え替えの時に、緩効性のものを。室内に入れるならなるべく有機質のものは使わないほうがよい。 月に1~2回、液肥か置肥(緩効性のもの)を与える。
・マグアンプK
ガーデニングエードボール
ハッピーハウス
など配合肥料(粒上のもの)
冬は根腐れしやすいため、できれば与えない。
野菜類 緩効性のもの
配合肥料
堆肥
野菜用の肥料
など
成育に応じて速効性の肥料を与える
・化成肥料
・配合肥料
団粒構造を維持するために、追肥は配合肥料がおすすめ。
庭木 果樹 緩効性か
遅効性のもの
堆肥
腐糞土
油粕など
木によって、多少異なるが3~4ヶ月に1回ぐらい、油粕や骨粉、緩効性化成肥料を与える 1~2月に寒肥(遅効性のもの)花後にお礼肥(速効性のもの)果実が大きくなる時期に玉肥料(P.Kの多い速効性のもの)

参考N-P-Kのテクニック

葉肥のN(窒素)が多い肥料は観葉植物、葉菜類や庭木の葉を茂らせたいときに有効です。

一方、花や実をつけたい場合にはNをできるだけ減らしP(リン酸)を多く与えましょう。

植物の成長を健全にするためには、根肥のK(カリウム)を与えます。

秋になったら寒さに耐えられるようにKを多めに与えるのがコツです。例えば、春はハイポネックスの原液、秋になったら微粉に換えるのがおすすめです。