DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

レンガの積み方

レンガの花壇作りにチャレンジ!
スペースに合わせて大きくも小さくも、またデザインも自由に作れます。
レンガの種類も多数あるので、その表情もさまざま。
草花に自然に溶け込み、なおかつガーデンのアクセントにもなるのが
レンガの花壇です。

積み方

レンガ花壇の施工
1)砕石を敷き、地面を固める
レンガを積む位置を決めたら、地面を掘り下げタンパーや足でよく踏み固めた後、砕石を敷きさらに平らに突き固めます。
2)レンガを仮置きする
レンガを仮置きし、並べ方を確認します。
曲線の内側はタガネを使って角を落としておくと、なめらかな曲線になります。
3)1段目のレンガの施工
レンガの位置が決まったらモルタルを置き、レンガの表面が水平になるよう、水平器や水糸で確認しながらレンガをもみ込むように施工します。
4)2段目のレンガの施工
1段目のレンガの上にモルタルを山状に置き、1段目と互い違いになるように、ひとつずつレンガを積んでいきます。
5)目地にモルタルを入れる
目地からはみだしたモルタルをコテですくい、縦の目地に押し込みます。
6)余分なモルタルをかき取る
モルタルの水気が抜けたら、目地ゴテの先端部分を使ってモルタルをかき取り目地ゴテでならします。素朴な仕上げにするならかき取ったままでもよいでしょう。
7)スポンジでモルタルをふき取る
目地をかき取ったら、濡れたスポンジで全体に残っているモルタルをしっかりふき取ります。スポンジは一定方向に動かすようにしましょう。拭き取りが十分でないと、乾いてから全体に白っぽくなるので、しっかりやっておきましょう。
フェンスに沿った花壇の施工
1)モルタルをならす
基礎ブロックの上にモルタルを平らにならします。
※基礎ブロックがない場合は、地面を掘り下げ、砕石を敷き、十分に固めます。
2)レンガを水平に並べる
目地幅をとり、水平器などで水平を確認しながらレンガを並べていきます。
3)フェンス側に続いて反対側へ
レンガはハンマーで適度に定着させ、目地にモルタルを入れ込みます。フェンス側が積み終えたら歩道側も同様にして積みます。
4)2段目以降のレンガは・・・
水糸を巻いたレンガを両端に置き、そのラインに沿って並べていきます
5)さらに水平器で確認を
一つ一つのレンガが水平になるように、微調整は水平器で確認しながら行います。 
6)完成です
奥のフェンス側に4段、手前には2段レンガを積んで、ボーダー形の花壇が完成しました。 。

レンガ 施工時の注意点

○レンガは前もって水につけておきます
モルタルの水分がレンガに吸収されると接着力が弱まるので、作業前にレンガに水を吸わせておきましょう。
○レンガを割るときはタガネとハンマーで
規格サイズが収まらない場合は、タガネをあてハンマーで叩いて割ります。がたつかないよう、下に砂を敷いておくとよいでしょう
○モルタル 扱い方のコツ
バケツの中で練ったモルタルをすくい取る時は、コテにモルタルを一定量のせ、バケツの内側に押し付けるようにするのがコツです。水は底に下がるので、すくい取る度にかき混ぜるようにしましょう。 また、モルタルを扱うときは必ずゴム手袋で手を保護しましょう。
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。