DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

ドア錠の交換1

ピッキングは、特殊な道具でドアの錠前を壊さずに解錠して侵入する犯罪です。ピッキング犯罪に備えるには、ピッキング被害に強いシリンダー錠に変える事が第一です。玄関ドアのタイプに合わせて選べば、DIYでも交換できます。
 
 
これまで一般家庭によく使われていた従来型MIWA製シリンダー錠は、ピッキング被害に遭いやすい、防犯性の低い鍵となってしまいました。未然に犯罪被害を防ぐためには、ピッキングに強い錠前に交換することが必要です。「CP-C錠制度」に認定された錠前は、安全性も高く、ピッキングに強いシリンダー錠と言われています。
 
CP-C錠とは?
(財)全国防犯協会連合会が行っている優良住宅用開きとびら錠の形式認定「CP-C錠制度」により認定された錠のことです。ピッキング工具を使用して開錠までに5分以上かかるものを、防犯性の高い鍵と認定しています。

自宅の玄関錠の見分け方

シリンダーの交換には、鍵のタイプの把握が必要です。
 

1.型番の確認

2.ドアの厚さ

3.シリンダーの色(仕上げ色の確認)

 

以上3点の確認が必要です。

◆従来型ディスクシリンダーの鍵
◆ピッキング被害に強いU9シリンダーの鍵

鍵のタイプを型番から確認型番が刻印されているところを探して確認しましょう。

面付箱錠MIWA PMKタイプ

面付箱錠MIWA RAタイプ

バーハンドル錠MIWA LA・MAタイプ

本締錠MIWA BHタイプ

交換シリンダーの種類鍵のタイプにあった交換シリンダーを用意します。

MIWA U9交換シリンダー

安全性に優れたロータリーシリンダー。タンブラーが上下運動ではなく、回転運動をするピッキングに強いシリンダーです。取り付けはドライバーを使用します。

(右側がRA用、左側がLA・MA用)

アルファ FBロックシリンダー

ディンプルキーに加えてフローティングボールが付いているので、メーカー以外でのキーの複製はできません。左右斜めにピンが配置されているシリンダーで、ピッキングに強い錠です。(右側がPMK用、左側がLA・MA用)

※ディンプルキー・・・本体側面に凹凸の刻みがなく、表面部にいくつかの円錐状のくぼみが施された鍵(かぎ)。防犯性に優れるとされる。

シリンダー交換の手順

PMK型

1.本体を取り外す
2.シリンダーを取り外す
3.新しいシリンダーを取り付ける
4.本体を取り付ける

RA型

1.本体を取り外す
2.シリンダーを取り外す
3.新しいシリンダーを取り付ける
4.本体を取り付ける

LA・MA型

1.フロントプレートを外す
2.シリンダーを取り外す
3.新しいシリンダーを取り付ける
4.本体を取り付ける

BH型

1.フロントプレートを外す
2.シリンダーを取り外す
3.新しいシリンダーを取り付ける
4.本体を取り付ける

※参考 玄関錠の交換例LA・MAタイプのシリンダー交換 ~ディンプルキーに取り替えてみよう

1.ドライバーでネジを取りはずし、ドアの側面の板をはずします。
はずした板とネジ
2.ピンが4本通っています。室外側の上下2本のピンをマイナスドライバーなどの先を使って少し抜き出します。
3.抜き出したピン2本をゆっくりと手で引き抜きます。
ピンを抜いたドア側面の状態です。
4.ピンを抜くことで、室外側のシリンダーが外せます。
5.交換するシリンダーを取り付けます。取り付ける際に、シリンダーの向きが合っているか確認しましょう。
6.シリンダーのでっぱりを押し込みながら、先ほど抜いたピン2本がシリンダーにも通るようにして、同じ位置に戻します。
7.ピン2本を取り付けたら、側面の板を元通りにはめます。
8.ネジを締めて固定します。
シリンダー交換完了です。
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。