DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

生のり付き壁紙の貼り方

壁紙を貼るのに必要な道具 よりはやく!よりきれいに貼るための道具です。

◎メジャー
寸法をはかります。3mのもの。
 
 
◎おもり
糸と5円玉でもOKです。
垂直を出すのに使います。
 
 
◎カッターナイフ
張り付けた壁紙をカットするのに使います。
 
 
◎カッターナイフの替刃
カッターの刃は何度も折り、常に良く切れる状態にしておきます。
 
 
◎スポンジ
壁のまわりについたのりを拭き取ります。
 
 
◎なぜバケ
壁紙の空気抜きに使います。
 
 
◎ハサミ
寸法に合わせて切ります。
 
 
◎ローラー
ジョイントの押さえに使います。
 
 
◎竹ベラ
コーナーの角(スミ)出しに使います。
 
 
◎カッターガイド
壁紙をカットする時、これに当てて切るときれいに切れます。

1 下準備(壁紙を貼る前に)

古い壁紙をはがし、スイッチプレートを外しておく。(ビニール壁紙の場合は表面のビニール層のみをはがす)まだらに下地が残ったときは、サンディングして平らにする。壁に穴が開いている場合は、パテを埋めて平らにする。

2 貼り始めの位置決め①

壁面に対して右側から貼っていく。壁紙の重なり目がコーナーにこないように、壁紙の幅の使い方を決める。1枚目の左端の位置に鉛筆で印をつけておく。

3 貼り始めの位置決め②

1枚目の壁紙を貼る際に基準とする垂直線を引く。糸と5円玉などのおもりを利用して垂直線を出す。(線は書かなくてもよい)

4 貼り始め①

壁紙は貼る高さプラス10cm程度にカットし、天地のしるしをつけておく。裏のフィルムを50cm程度はがす。

5 貼り始め②

先ほど引いた垂直線に合わせて壁紙の左端を決めたら、裏のフィルムをはがした部分を手で押さえて、全体を仮留めする。壁紙が浮かない様に注意。

6 全体を貼る

裏のフィルムを少しずつ剥がしながら上から下へ仮押さえしていく。全体を固定したら、なぜバケで中心から外へ空気を追い出していく。コーナーのスミ出しに竹ベラを使用する。

7 壁紙のカット

上下端の壁紙の余りは薄刃のカッターで、カット定規(地ベラ)を横へ滑らせながらカットする。
カッターは壁紙から離さず、力を入れて壁紙を押さえること。
 
ワンポイント
定規を当てたままカットした壁紙を取り去ると、破れることがない。

8 2枚目を貼る

1枚目と同じようにして、左へ2枚目を貼る。端は1枚目と3㎝程度重ねる。右側の重なった部分のテープは、はずさないでおく。
 

9 合わせ目の処理①

重ね合せた部分の中心を地ベラやステンカッターガイドを当ててカットする。床から10cm程度まで降りたら、刃をいったん離し、床側から上へ向かって動かしていく。カットが終わったら、余分なAとBを取り除く。

10 合わせ目の処理②

継ぎ目部分や端を、ローラーでよく圧着する。継ぎ目からはみ出した糊はスポンジやタオルでふき取る。天井との間などが開いてしまったところは、壁紙用コーキング剤で埋める。

生のり付き壁紙が貼れる場所

◎ベニヤ 石膏ボード
・浮いているクギは頭を打ち込み、鉄クギの場合はニス等でサビ止めする。
・ベニヤの継ぎ目、石膏ボードのV字溝や段差はパテで平らに埋める。
 
◎コンクリート モルタル 漆喰
・凹凸やヒビ割れはパテで埋めて平らにする。
 
◎古い壁紙
・直接貼れるもの以外は、表面の層をはがす。
・はがした後の裏紙は、平らにはく離がないようにする。
 
◎化粧合板 ツヤのある塗装面
・浮いているクギは頭を打ち込み、鉄クギの場合はニス等でサビ止めする。
・直接貼れるもの以外は、サンディングして表面を荒らす。
 
◎砂壁 せんい壁
・シーラーや下地押さえ紙で下地調整してから貼る。粉落ちが激しい場合は貼れない。

道具・壁紙を揃えるには?ードイトオンラインショップのご案内ー

生のり付き壁紙の貼り方ページをご覧いただきありがとうございます。
当ページで紹介している道具はドイトオンラインショップでお買い求めいただけます。
 
↓↓下記バナーをクリックしてください↓↓
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。