DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

野菜苗の植え替え方プランターで始める家庭菜園

ドイトの店頭には、ほとんどの野菜苗がビニールのポットに入った状態で並んでいます。
今回は、栽培を始める際のプランターへの植え替え方をご紹介いたします。

用意するもの

(1)苗
(2)プランター
(3)スコップ
(4)肥料
(5)野菜用の培養土

手順説明

野菜用の培養土を、プランターの半分ほど入れる。
土に肥料をひとにぎり入れ、掘り返してよく混ぜ合わせる。
プランターの7分目から8分目まで土を入れる。
苗をポットから優しく抜く。
ポットから抜いた苗土の底を少々ほぐし、植えたときに土がなじみやすいようにする。
ポットから抜いた苗土の底を少々ほぐし、植えたときに土がなじみやすいようにする。
掘った穴に苗を植え、土をかぶせる。
 
 POINT   
軽く苗の周りの土を指で押さえ、苗土と野菜用の培養土とがしっかり密着するようにする。
複数の苗を植え付ける場合は、30L(土容量)のプランターで1株~2株が植え付け目安。
株の中心から20~30cmほどの間隔をあける。
 
 \ CHECK! /    
野菜の成長の為にはたくさんの栄養を必要とします。そのため、大容量のプランター(例:横幅730mm / 約40L)でも、植える苗の数は2株ぐらいにしておくとよいでしょう。
 
葉物の野菜(ブロッコリーやキャベツなど)は葉が横に大きく広がるので、1株がおすすめです。
植え付け後は水をたっぷりと与える。
 
根元やプランター全体に行き渡るようにかけましょう。
あたたかい時期には鳥・害虫から苗を守るため、防虫ネットが有効。
 
ネットの上からでも水をあげることができます。
植え替えから1週間~10日ほど置いたあと、プランターの四隅に肥料を置き、軽く混ぜて土に馴染ませる。
 
丸型のプランターの場合は、鉢のふちの方に4ヶ所囲むように盛ります。
 
 POINT   
根は外側に向かってプランターの壁際に伸びていく為、肥料を壁に沿って四隅に置くことで、効果を行き渡らせるようにする。

プランターの種類

■貯水タンク付き保水重視タイプ
鉢底には水を溜めるタンクがあり、土の毛細管現象を利用してタンクから用土に少しずつ給水する機能がある。
 こんな方におすすめ! 
水切れで失敗してしまう方
忙しい方、留守がちな方にお勧めです。緑のカーテン(ゴーヤなどのツル植物)を育てる場合は水を大量に必要とする為、貯水できるタイプを利用することで失敗が少なくなります。
■通気性重視タイプ
鉢底に深く切れ込み状の水抜き穴があり、土の中に空気が取り込みやすくなっている。保水性には劣るが用土の奥まで通気がいいので用土の毛根量が増え、植物の成長を促進する。
 こんな方におすすめ! 
水をしっかりあげる方、水をあげ過ぎて失敗する方
たくさんの収量を上げたい方にお勧めです。同じ用土量であれば、最も効率よく根が伸びるのはこのタイプのプランターです。
■スタンダードタイプ(保水タイプ)
従来より利用されるタイプ。内部のスノコの上に鉢底石を敷いて利用する。横の水抜き穴をすることができるので、水を溜めて使用することもできる。
 こんな方におすすめ! 
低予算でプランターを用意したい方
また、栓をして水を溜めることができるので、水生植物やイネの栽培にも利用できます。

野菜の育て方

ハウツー集では、以下の野菜・ハーブの育て方などもご紹介しています。
 
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。
制作協賛:株式会社実野里 様  株式会社鹿沼興産 様