DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

クッションフロアの施工

施工が簡単で材料費の安価なクッションフロアは、床材としてはかかせないアイテムです。特に、キッチンや洗面所、トイレなどの水まわりには最適。DIYで の張り替えも、クッションフロア用の両面テープを使えば手軽に作業できます。色柄もがらっと変えて、お部屋のイメージチェンジを楽しんでみては?

クッションフロアの特徴

クッションフロアは塩化ビニール製の床材で、その名の通りクッション性があります。表面は透明 ビニールでコーティングされており、エンボス加工が施してあるので、水に強く滑りにくいという長所があります。さらに、遮音性、衝撃吸収性、保温性にも優 れています。また最近では、防菌、防カビ、防汚加工を施した製品も多く、ますます掃除やお手入れなどの使い勝手も向上しています。

デザイン的には色柄も豊富で、最近では印刷技術も進み、フローリング模様やストーン模様など本物に近い柄のものも多く、見た目のチープさがなくなってきています。

クッションフロアの張り方

まず部屋の寸法を計ります。どの向きに張ったら効率良く材料取りができるか、というのもポイントです。壁際のコーナー等の処理に注意して、きれいに仕上げましょう。
用意するもの
クッションフロア
地ベラ、
カッターナイフ、ハサミ
サシガネ、メジャー
[ 上 ]フロアシートテープ

(クッションフロア固定用両面テープ。)

[ 下 ]シームシーラー

(仕上げに継ぎ目をコーキングする時に使用。)

1.クッションフロアを裏返し、サシガネをあててカッターで実寸よりもやや長めに切ります。
2.両面テープは施工する面積を囲みながら、各クッションフロアの継ぎ目と中央に合うように平行に貼っていきます。
3.両面テープの上部をはがし、クッションフロアを敷いていきます。端からしっかりおさえ、空気が入らないように注意します。
4.壁際に出た余分なところを処理するため、地ベラでしっかり押さえ、カッターを壁に向けるようにしてカットします。
5.コーナー部分は、少しずつ切り込みを入れて、きめ込んで角を出し、地ベラで押さえながら切り取ります。
6.クッションフロアの継ぎ目に、水やゴミが入って、めくれたり汚れたりしないようにシームシーラーでコーキングします。
完成!
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。