DIYハウツー集

ドイト ハウツー集

コルクタイルの施工 その1

夏はさらっと、冬にはあたたかい、天然素材のコルクタイルならいつでも適温・適湿を保ってくれるので、素足にやさしく、しかも丈夫で長持ち。コルクタイルはまさに万能な床材なのです。

コルクの原料は、イベリア半島や北アフリカの海岸線に植林されているコルク樫の樹皮です。この樹皮は、樹木の成長を阻害することなく約10年周期で何回も採取することができ、森林資源保護の観点からも改めて注目されている天然素材です。

コルクタイルはコルク材を加工して、ワックス及びウレタン仕上げなどの表面加工をした、大きさ約300mm角、厚さ3~5mmの床材です。タイルのように複数枚を並べて張り込んでいきます。

コルクタイルの特徴

デザイン性

自然素材ならではのぬくもりと、重厚さがあります。色味の異なるコルクタイルを市松模様に並べてみるなど、工夫次第でバリエーションも広がります。

 

弾力性

適度な弾力があり、足元を包み込んでくれるような、ソフトな足触りです。

 

断熱性

自然素材のぬくもりを保ちながら、表面はさらっとさわやかなので、一年を通して快適に過ごせる床材です。

 

防湿性

細胞内に含まれる気泡が調湿機能を果たし、結露の発生を抑制します。

 

吸音性

騒音や振動を吸収しやわらげます。リビングや子供部屋にも最適です。

 

耐水性

コルクそのものが耐水性に優れ、ワックスやウレタンでの表面仕上げをしているため、防水効果が高く、掃除もしやすいです。

コルクタイルの張り方

用意するもの

コルクタイル
速乾ボンド
チョークライン
粉チョーク
メジャー
ローラー
クシ目ゴテ
カッターナイフ

はじめに…既存床の下地処理

直張りカーペットやラバーカーペットの場合

既存のカーペットをはがし、こびりついている接着剤やラバーもスクレーパーできれいにはがします。

 

フェルトグリッパの場合

表面のカーペットをはがし、下のフェルトも取ります。グリッパを取り外し、残ったフェルトはスクレーパーできれいに取り除きます。

 

クッションフロアー(CF)の場合

幅30cm位ごとに、カッターで切り込みを入れはがします。(はがれにくい時は、切り込みを入れる幅を狭くします。)はがした後に下紙等が残る事があるので、これもスクレーパーで取り除いて平らにします。

 

Pタイルの場合

皮すきを使ってカナヅチで1枚1枚丁寧にはがします。

 

フローリングの場合

接着剤の食いつきを良くするため、80~100番位のサンドペーパーで表面を軽くサンディングしておきます。

手順

1.下地の調整
下地がモルタルの場合は、グリッパを取った後の釘穴等へこみを床パテで埋めます。合板下地の場合、継ぎ目に段差があればこれも床パテで直します。下地の調整後、ゴミやほころを完全に取り除きます。(米粒ほどのゴミでも、仕上げ後表面にふくらみができるので注意!)
2.タイル並べ方と基本線の設け方
 
部屋の壁は正確な直線ではなく、また部屋の隅も直角とは限りません。そのため壁際や隅からタイルを張っていくと曲がったりすき間が出たりしま す。タイルは 必ず部屋の中央から壁面に向って張り、壁際は壁の線に合わせてタイルをひとつひとつカットしておさめます。カットしたタイルが小さすぎると見栄えがよくな いので、施工の前にタイルの並べ方と基本線をどこへ引くか計算しておく必要があります。
基本線と中心線
タイルを部屋の中央から張るには、一枚目に張るタイルの位置と張っていく際のガイドとなる基本線を引く必要があります。基 本線の位置 を出すには まず中心線 が必要です。中心線とは部屋の向かい合う2つの壁の中心を結んだ線のことです。ただし部屋は正確な四角形とは限らないので、部屋の長辺方向に中心線を引い たら、短辺方向の中心線は長辺方向の線の中央から直角を出し線を引きます。
タイルの並べ方
タイルの使い方は真物(カットしないで使う)と端物(カットして使う)の2つあります。並べ方を考える際には、部屋の両端に同じサイズの端物がくるように し、端物のサイズもできるだけ大きくなるようにします。タイルの並べ方には、中心線の上にタイルの中央がくる方法(①)と中心線がタイルの端にくる方法 (②)と2通りあります。部屋の見取り図に2通りの方法でタイルを書き込んでみて、部屋の端にくる端物のタイルのサイズが大きくなる方を選んで施工しま す。この時、施工に必要なタイルの枚数を割り出します。

①では基本線は中心線より75mm平行に移動したところ、②では基本線は中心線と同じところになります。
直角の出し方
床の上で直角を出すには、直角三角形の辺の性格を使って、図のようにします。変の比は3:4:5です。
3.基本線の墨付け
2で割り出した位置に基本線を引きます。長い直線を引くにはチョークラインを使うと便利です。
4.タイルのノリ付け
接着剤は速乾性の合成ゴム系で、タイル裏面と床表面の両方に塗布。オープンタイム(塗ってから接着できるまでの待ち時間)が必要です。タイル裏面の方を先にのり付けします。使用枚数の半分のタイルを裏側を上にしてすき間なく並べ、その上に接着剤を適量あけます。
平均に塗り広げる
クシベラで弧を描きながら平均に塗り広げます。縁をはみださないように先に塗ってから全体を塗ります。のりは10~15分でさわってもベタつかなくなります。

接着剤が床に垂れたりしないよう、5mm厚の板で周囲を囲っておくとよいでしょう。
5.床面のノリ付け
次に床面にも接着剤を塗ります。接着剤を塗ったところは歩行できないことを考慮して、部屋を半分ずつ施工します。床面に接着剤をあけ、クシベラで塗り広げます。基本線より5cmほど出るようにします。
注意)接着剤は引火しやすいので、作業中は禁煙です。また、換気にも充分注意しましょう。
6.1枚目のタイルを張る
床の接着剤が版画脇になったら中央の直交する基本線に正確に添わせて、1枚目のタイルを置き、手で押さえて圧着します。
ローラーをかける
タイルが平らになるよう1枚ごとにローラーをかけます。特にタイルの縁、目地のところはよく圧着しておきます。
2枚目を張る
長辺の基本線に沿って2枚目以降を張ってゆきます。コルクは弾力があるので、片寄って力を加えると目地にずれが出ます。隙間が出ないように一方から均一に力をかけて突きつけて張ります。端まで真物を張ったら反対側の長辺方向も同様に張ります。
7.短辺の基本線に沿って張る
長辺方向に一列張り終えたら、短辺方向の基本線に沿って同様に張り進みます。
8.曲形(かねがた)部分を張る
曲形の角(1枚目に張ったタイル)の上に乗って曲形部分を階段状に張っていきます。対角線方向に力を加えてタイルを突きつけて張ります。
真物を張り終えたら反対側も同様に張ります。
9.周囲の張り方
 
壁の真ん中あたりに1枚張り、隅に向かって張り進み隅は残します。これを繰り返して部屋のタイルを張ります。
壁際の張り方のポイント
壁際は少し大きめにカットし、張り込むときに押し込むように入れます。
1. カットするタイルを、すでに張ってあるタイルの上に合わせ約1mmずらして乗せます。
2. 1の上に真物のタイルを壁にぴったりつけて置き定規代わりにします。
3. カットするタイルにカッターで厚みの3分の1くらいの切り込みを入れ2つに割ります。一番下の既に張ったタイルを傷つけないよう注意すること。
4. 壁際にぴったり納まるよう断面をカッターで斜めに整えておきます。割った際に出るバリもきれいに落とします。コルクはカッターで簡単に削ることができます。
5. タイルは必要な寸法より約1mm大きく切れているので、押し込むようにして壁際に入れます。
10.出隅の加工
 
出隅と入隅が両方あるところでは、出隅()から施工します。9の方法を応用し、1枚のタイルに2方向から切り込みを入れます。
 
出隅・・・2つの壁の合わせ目の角が突き出ている部分のこと。
11.入隅(※)の加工
 
出隅同様に切り込みを入れます。Aに入れるタイルをBに重ねて置きます。定規代わりの真物のタイルを一辺の壁に押しつけてタイルの端から端まで切り込みを入れます。真物のタイルの方をもう片方の壁際に移動させて、先ほどと同様に切り込みを入れます。
 
入隅・・・2つの壁の合わせ目の角がへこんでいる部分のこと。
12.入隅(※)の加工
 
タイルを張り終ったら、水性樹脂ワックス等を塗布して表面を保護しましょう。汚れがつきにくくなり、掃除も楽になります。また、コルクの色や柄が鮮明に なってより美しくなります。ワックスは雑巾またはモップで少しずつ塗り広げます。できるだけ薄く回数を重ねて塗るのがコツです。ワックスがけは、2~6ヶ 月に1回行うのが理想です。

ワックス&クリーナー

コルクタイル専用のワックスとクリーナーのセットです。
クリーナーで表面の汚れを取り除いた後、よく乾かしてからきれいな布にワックスを含ませてふきあげます。
※こちらのページの画像はイメージです。商品のお取り扱いについては、各店舗にてお問い合わせください。