採用情報

リフォーム業態

業態責任者メッセージ

リフォーム業態責任者

リフォーム業態責任者

小売業的見地から見たときのリフォームのあり方

ドイトウィズリ・ホームは、「自分でリフォームする。」「プロと一緒にリフォームする。」「プロにおまかせするリフォーム」の3コース料金体系を導入し、不透明になりがちなリフォーム料金をわかりやすくご提案いたします。
コストを重視されるようであればご自分での修繕をご提案いたしますし、こだわりの仕上がりを望まれるのであれば、プロによる最適なプランを提案いたします。

つまり、修繕に必要な物品の販売も可能ですし、ご自分では手に負えないような大規模なリフォームなどはプロの手を依頼することもできる。販売からプロへの依頼まで1つの窓口でお受けできるのは、ホームセンターを運営しているドイトならではだと考えます。

ドイトのリフォーム営業はいわゆる「飛び込み営業」ではなく、店舗にいらっしゃるお客様のご要望をお伺いし、お客様のメリットになるリフォームプランを立案するスタイルの営業をしています。

正直な商売をしたい

リフォームは不透明なところも多いので、実は見積もりで上乗せをすることもできたりします。
例えば、「うちの利益もっと抜ける」というような、お客様に提示できないものがあったとしたら、お客様を欺いてまで手にしたお金は利益ではない。会社に入れるな。お客様がいいと言ってくれるものに対してもらえる真の対価だけが本当のお金であり、利益になるんだと常々スタッフには話しはしています。
お客様が「それでいい」と、言ってくださるものの対価をいただくのが、正直な商売なので。

我々のリフォームは、お客様のメリットになることを提案する、起案する、プラン立案型のリフォーム営業になります。
たとえば今営業職に就いていて、リフォームとか、営業に対して疑問を持っている方には、存分に力が発揮できるステージがあると思いますよ。

リフォーム業態責任者

アンチであっても意見をぶつけ合える人と仕事がしたい

共に事業を担う仲間として、表現力豊かな人、ストレートな人間と仕事をしたいですね。
ある種アンチであっても、話をちゃんとしてくれる人。私も真剣に、一生懸命話をするので。
自分の意見をぶつけるから、それに対して自分の意見をぶつけてくれるストレートな人。

それから表現力が豊かな人。
たとえば「悩んでるんです」とか、「うわー!これどうしよう!」とか「うれしい!」とか「やったぜ!」とか。感情を豊かに表現できる人。達成感の共有をしたいので。

たとえば利益の投資の方法も、粛々と考えるものじゃない。こうやって汗水垂らして稼いだお金を、次はこういうことにお客様のために使おうか?って考えたりするのは、ある種表現力の範疇にあると思うんですよ。
こうあるべきだ、とかこうするべきだっていう一般論では片付けられないと思うので。やっぱりそういう表現力豊かな人間とは一緒に仕事をしたいですよね。
それが会社にとって一番いい人材なんだと思います。

リフォーム事業責任者

先輩インタビュー

リフォーム事業部先輩

リフォーム業態先輩

小売業が展開するリフォームの魅力

前職は、飛び込みや反響が中心のリフォームの営業をしていました。
ホームセンターの場合は、こちらから営業をかけるというのではなく、店舗に相談に来てくださるお客様のコンサルティングを行うスタイルなので、これから伸びるだろうなと思っていたんです。
後に転職をする際にはドイトで話しを聞く機会があって、一緒にお手伝いしたい!と思ったところから今日に至ります。
もともとドイトもよく利用してました。リフォームの業界新聞を読んでいたら、「ドイトウィズリ・ホーム新宿下落合店」のオープン記事が目に入り、挑戦を続けている会社なんだなと好感を持っていました。

ホームセンターのリフォームに携わって気づいたことですが、ホームセンターに来る方はある程度DIYをやってる方が多いので、お家の仕組みや作りを結構ご存知だったりするんですね。 それを踏まえてのお話をするので、スムースに進むことも多いです。

あとはやはりDIYを趣味にしてる方だと、こちら側からこういう仕組みになってるんですよって話したりすると、結構喜ばれるたりすることも多いんですよ。 そういうところをきっかけにまたリフォームの話ってに入っていけるのでやりやすいですね。

店頭に立って接客も

案件が入ってきたら、まず訪問。ご挨拶と説明と、現地調査を行って、寸法取りをしてから店舗に戻ります。
店舗でお見積りを作成して、再度ご提示に訪問するというのが基本的な流れです。

担当エリアが横浜にある「シティドイト日ノ出町店」と、埼玉の「シティドイト西川口店」なので、移動時間なども考慮すると、一日最大でも訪問できるのは二件くらいです。
それ以外の日は、基本的には店頭に立つようにしてます。
ご来店いただいたお客様に商品の説明をしてまわったりもしますし、販促物を作ってみたり、日々の営業に役立つように、営業の種まきをしてることが多いですね。

リフォーム業態先輩

成績よりもうれしいこと

営業なので結果を出して、数字を出してというのはもちろんあるんですが、お客様から「ありがとうございました」という言葉をいただけたり、中には握手を求められたりなど、そういう時はやっぱりうれしいですね。

さらに一年後、二年後に「コンロ替えたいんです」、「キッチン替えたいんです」というリピートに繋がることも多く、長いお付き合いになるお客様もたくさんいます。

そういうお客様から自分にご連絡をいただいて、「担当してもらってよかった」という言葉を頂けたときは、この仕事をやっていてよかったと思う瞬間です。

リフォーム業態先輩

採用情報トップページに戻る