坂東龍汰の父は誰?シュタイナー教育で英語の実力と身長や学歴も調査

坂東龍汰さんといえば「真犯人フラグ」でも怪しい雰囲気を出しているイケメン俳優!
3年ほど前から話題のドラマや映画で見かけるようになりましがた、今やいろんな作品に引っ張りだこ!
実は異色の経歴の持ち主!今回は、「坂東龍汰さんの経歴」といったところを調べてみました。

坂東龍汰さんの父親について

坂東龍汰さんは、ニューヨーク生まれで、シュタイナー教育を受けたという異色の経歴の持ち主。
なぜ、そのような経歴なのか?
理由は、坂東龍汰さんのお父さんにあるようです!気になって調べてみました。

龍汰さん曰く「父はヤバイ、破天荒!」とのこと。

インタビュー記事によると、坂東龍汰さんの父は19歳で映画監督を目指してカリフォルニアへ。

その後ニューヨークで技工士の会社を立ち上げたそうです。

結婚して子どもが生まれてからは、農業と自給自足生活をするために北海道へ戻られたとのこと。

北海道へ戻ったという表現なので、北海道はお父さんの地元なのでしょうね。

今は、ワインをつくられているとのこと。
「破天荒」の意味を察しますね。

坂東龍汰さんのお父さんは、とても行動力のある方のようです。

お父さんの画像がありませんでしたが、おじいちゃんの画像がありました。
坂東龍汰さんの大ファンだったようです。

家族について 兄弟はいるの?

坂東龍汰さんのお父さんが破天荒な方であることがわかったところで、家族構成も気になりますよね。

同じインタビュー記事の中で、家族についても触れられていました。

坂東龍汰さんの家族構成は、父・母・姉の4人家族のようです。

坂東龍汰さんがニューヨーク生まれなのは、なんとご両親の出会いがニューヨークだからなんですね。

お父さんがニューヨークで会社を立ち上げたとき、お母さんはニューヨークで陶芸を教えていたそうです。

龍汰さん曰く、お母さんはユニークな方とのこと。

お父さんがワインを作る傍ら、陶芸を続けられているのかもしれません。

また、坂東龍汰さんにはお姉さんがいるようですが一般人であり、詳細についてはわかりませんでした。

シュタイナー教育とは

坂東龍汰さんが受けたといわれる「シュタイナー教育」。

聞きなれない言葉ですよね。

シュタイナー教育について調べてみました。

シュタイナー教育の特徴
引用“シュタイナー教育とは、思想家であり哲学者でもあるオーストラリア出身のルドルフ・シュタイナー(1861年~1925年)の人間観に基づいた教育実践の総称です”
引用元:https://www.tokyokenji-steiner.jp/

シュタイナー教育は一人ひとりの個性を尊重し、個人の能力を最大限に引き出す教育とのこと。

日本国内では、8校の全日制学校が開校しているようです。

坂東龍汰さんは、インタビューで3歳から18歳まで北海道で育ったと答えているので、「いずみの学校(URL:https://hokkaido-steiner.org/)」に通っていたのでしょう。

英語を話せるのか?

坂東龍汰さんは、英語を話せるのでしょうか。

3歳までニューヨークで暮らしていたという「帰国子女」の坂東龍汰さん。

高校時代には、ニュージーランドへの留学経験もあるとのこと。

なんとなく、英語がペラペラなのでは?と思ってしまいますが、実際には日常会話レベルで話せるほど。

また、英語の読み書きはそれほど得意ではないようで、今後仕事で英語が使えるよう努力されているようです。

まとめ

坂東龍汰さんのお父さんは、かなり破天荒な方ということがわかりましたね。

そんなお父さんとユニークなお母さんの元、15年間シュタイナー教育を受けたことで、才能やセンスがたくさん磨かれたのでしょう。

坂東龍汰さんの今後の活躍に期待です!

HTML Snippets Powered By : XYZScripts.com