ボクの殺意が恋をしたの放送局・放送地域まとめ!広島や沖縄は視聴できるのか!?

7月から始まるドラマ「ボクの殺意が恋をした」の放送局・放送地域を掲載しています!
もし対象外の都道府県の方でも、視聴可能な方法も記載!

ボクの殺意が恋をしたの放送日

日本テレビ系列で、2021年7月4日から、毎週日曜の夜10時30分から放送!
「ネメシス」「君と世界が終わる日に」と同じドラマ枠です。

放送局・放送地域を一覧

ボクの殺意が恋をしたは、日本テレビ系列の放送になります。
北海道
札幌テレビ放送(STV)

東北
青森放送(RAB)
テレビ岩手(TVI)
宮城テレビ放送(MMT)
秋田放送(ABS)
山形放送(YBC)
福島中央テレビ(FCT)

関東
日本テレビ放送網(NTV)
甲信越 テレビ新潟放送網(TeNY)
テレビ信州(TSB)
山梨放送(YBS)

北陸
北日本放送(KNB)
テレビ金沢(KTK)
福井放送(FBC)

東海
静岡第一テレビ(SDT)
中京テレビ放送(CTV)

近畿
読売テレビ放送(YTV)

中国
日本海テレビジョン放送(NKT)
広島テレビ放送(HTV)
山口放送(KRY)

四国
四国放送(JRT)
西日本放送(RNC)
南海放送(RNB)
高知放送(RKC)

九州
福岡放送(FBS)
長崎国際テレビ(NIB)
熊本県民テレビ(KKT)
テレビ大分(TOS)
テレビ宮崎(UMK)
鹿児島読売テレビ(KYT)

ボクの殺意が恋をしたは沖縄で見られる?

リアルタイム放送されません。放送はおそらく数ヶ月放送されるかどうか…。
という具合です。
しかし、huluであればいつでもどこでも、リアルタイム放送と同日に視聴できます。

ボクの殺意が恋をしたの動画を無料視聴する方法

「ボクの殺意が恋をした」の無料動画はhuluで視聴するのが一番オススメです!

huluのメリットまとめ!

メリット
  • 月額1,026円(税込)で動画70,000万本が見放題!
  • お試し2週間は登録~解約が無料!
  • 基本的にすべて見放題(別途ポイント購入などがない!)
  • PCやスマホ、タブレットなど端末選ばず視聴できる
  • 「お気に入り」機能で一発表示がラクチン!
  • huluのオリジナル作品多数あり!
  • 英語での字幕表示機能あり!学習ができる!

huluのデメリット

  • U-NEXTなどと比べると見放題の本数が少ない。

huluは「別途レンタル課金」がないので、月額料金で全部見放題です!
\スマホ・テレビ・PCでも見れる!/
huluで今すぐ無料視聴する
2週間以内なら解約も完全無料!

ボクの殺意が恋をしたの口コミ感想・評価

殺し屋なのにタイミングが悪すぎて殺せないとか、そもそも向いてないんじゃないかと思ってしまう主人公の設定だけで、すでに面白いです。そして、以前ドラマで横浜流星さんと共演していた鈴木伸之さんが、流星という役を演じるのが個人的にツボです。
ターゲットの新木優子さんを鈴木さんと中川大志さんがどっちが殺すかでいがみ合いになって、ふたりとも好きになってしまうという未来も予想できますが、シリアスに傾くのか、ひたすらコメディを貫くのか、予測不可能なところがまた気になります。
脇を固めるのが、田中みな実さんや中尾明慶さん、水野美紀さんとかなり濃いメンツなので、3人をどうひっかき回してくれるのかも楽しみです。

伝説の殺し屋・丈一郎に育てられた主人公・柊が丈一郎の死をきっかけに家業を受け継ぎ、復讐を果たそうとする展開にシリアスさを感じさせます。しかし間の悪さからターゲットを殺せない、むしろ助けてしまうという姿に柊の人間性を感じ、コミカルになると期待が高まりました。また、ターゲットとしている女性と恋愛感情を抱いてしまうという展開がその先の展開予想を阻み、どうなってしまうのかとますます期待が高まります。仲が深まることでターゲットに近づくことができるという利点がありつつ、殺し屋である自分と愛情を天秤にかけなければならない事態をどう処理し、最終的にどちらを思いを優先するのか目が離せないと感じます。また、殺そうとして助けてしまうという間の悪さが見られるのであれば、助けようとしたときにどうなってしまうのかという点も目が離せない点だと感じます。シリアスさとコミカルさが混在する面白い作品になると視聴が楽しみです。

「殺し屋の復讐劇」と聞くといかにもサスペンス系のドラマのように思えますが、このドラマはどうもテイストが違うようです。
育ての親の復讐を目指す主人公・男虎柊は「間が悪すぎる」ので、全然思うように復讐が進まずにターゲットを取り逃すどころか恋をしてしまう、なんてとんでもない展開。
どうやったらそんなことになるのか?というか、間が悪いってどこまでなんだ?といろいろと気になっちゃうストーリーに興味津々です。
脚本は、漫画原作の映像化作品を多数執筆されている徳永友一さんとの事なので、テンポの良いスリリングなエンタメ作品になるのではないかと期待しています。
サスペンス要素に恋愛とコメディが乗っかった、てんこ盛りのドラマが一体どんな結末に向かうのか、想像もつかないだけに楽しみな作品だと思います。

HTML Snippets Powered By : XYZScripts.com