DCUは海上保安庁に実在する!?ドラマは実話?原作や元ネタを調べた!

dcu 実在 実話 原作

ドラマDCUは海上保安庁に実在する組織なのか?実話なのか?などを調べました!

無料動画はここ!
  • 結論!ドラマ・DCUはParaviで見放題です!
  • 登録→視聴→解約まで全部無料!

日曜劇場 DCU 見逃し配信 無料動画

\DCUが無料見放題!/
Paravi 見放題
お試し期間内なら解約も完全無料!

ドラマDCUの組織は海上保安庁に実在する!?実話なの?

ドラマ・DCUとは海上保安庁の中に新設された組織の名称です。

しかし、結論からいうとDCUは正式名称をDeep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)といい、ドラマ用の架空の組織なのです!
よってDCUは実在しません、実話でもありません。

海上保安庁の中にもそのような組織はありません。

アメリカとかでは実際にありそうな組織ですよね!。
でも実際には実在しないのでした。

ドラマDCUのモデル・原作はあるの?

原作の小説などはありません。
モデルは海上保安庁の中にも「刑事課」があるので、
海猿+刑事=水中専門の捜査官
があったら?
のようなところからの発想かと予想します。

DCUはどんな仕事をする組織?

DCUは海上水域だけではなく、水中も捜査対象に入ります。

全国の河川や湖がに潜り、「証拠」などを探すのがお仕事です。

一言で言えば
「水中未解決事件を解明すること」
です。

DCUのお仕事はどんなお仕事?

日本は島国なので、四方は海。そこにつながる川、湖、ダムなどが多くあります。

日本では水中に証拠を「隠蔽」する事件は実は多発しているんだそうです。
にもかかわらず、「水中での事件は解決率は低い」
といわれているのだそうです。

そんな事実を元に生まれたのがDCUということです。

もし「危険極まりない水中」を捜査する「世界レベルの精鋭スキューバダイバー捜査官」がいたら?
解決不可能か?っといわれるような事件も解決に導けるのではないか?

危険が伴う「海中」「水中」に特化した「エキスパート集団」という捜査官がいたらおもしろいのでは?
っという発想から生まれたそうです。

\DCUが無料見放題!/
Paraviですぐ視聴する>>
お試し期間内なら解約も完全無料!

海上保安庁でDCUと海猿の違いは?

海上保安庁というと、漫画原作で伊藤英明主演で映画化された「海猿」が有名ですね。

海猿は「特殊救難隊」です。

人命救助の主な仕事のプロフェッショナルです。

ちなみに海上保安庁内の人は「潜水士」のことを「海猿」とは呼ばないそうです。

漫画やテレビ、映画などで有名になった 「海猿」 は、海上保安庁の潜水士のことを指す呼び名ですが、実は海上保安庁内では 「海猿」 とは呼びません。
 海上保安庁では、救難業務に従事する潜水士のことは、単に 「潜水士」 と呼びます。引用:海上保安庁
 

 
一方DCUのメンバーは皆「潜水士」です。
「潜水士」は、沈没船などで溺れてしまった人の救出や捜索、海上で行方不明となった方の潜水捜索などがお仕事です。

「海上保安庁」の職員である「潜水士」の中から「少数精鋭部隊」して新設されたのが
「DCU」となるのですね。

よって海猿とDCUは違う組織ということになるのでしょう。
参考までに海上保安庁の組織図を掲載します。
海猿は「救難課」かと思われます。

DCUは架空ですが、あるとしたら「刑事課」になるのでしょうか。

海上保安庁の組織図

 抜粋

出典:海上保安庁組織図

\DCUが無料見放題!/
Paraviですぐ視聴する>>
お試し期間内なら解約も完全無料!

DCUは海上保安庁全面協力!

これは迫力があり、見逃せませんね!海猿もそうだったので、大迫力でした。